2007年08月04日

水着のランキングを見てわかること?

水着のランキングを見ていると今年の水着のキーワードは「フリル」「ショーツ」「タンキニ」「ホルター」と行ったところでしょうか?全体的な水着のトレンドとしてはビキニには変わりないのですが、通販で購入される方は全体的に少しシャイな感じの方が好む水着が売れる傾向にあるようです。水着のランキングを継続的に観察しているとメーカー側の戦略と消費者の嗜好が巧みにマッチしていることに気がつきます。つまりメーカーが今年は「こんな水着はいかがでしょうか?」と提案したものが売れる。またはメディアでこうしたタイプの水着がトレンド、という情報が流れるとそうした商品が多く流通するといったところでしょうか?


水着は非常にトレンドの影響を受けやすいファッションアイテムの一つです。今年ビキニが全盛だからといって来年もそうである保証はないのです。水着のランキングを通して昨年からの変化を見ていると露出部が減ってきています。これはいったんビキニで露出の多い水着にトレンドが行きましたがUVケアや恥ずかしい等の理由で、もう少しおとなしめの水着へとトレンドが戻ってきているとみていいでしょう。


また泳ぐときにはバリバリのビキニだけど、ビーチにあがればショートパンツやパレオとの組み合わせでエレガントに着こなせるのもトレンド水着の特徴ですね。こうした特徴は普段はおとなしめの水着で泳ぐときやアクティビティを楽しむときは弾けたい、そんな女性心理を映し出していると言えるでしょう。ビーチリゾートでは時間が命早変わりの術でたくさんの思い出を作りましょう(笑)


posted by bikini at 17:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。